アロマテラピーの効果

アロマテラピーとは

このサイトはアロマテラピーについて、その歴史や種類による効能及びご使用に関する注意事項を纏めてお伝えしています。

 

このアロマセラピーもしくはアロマテラピー(Aromatherapy)とは、花や木など天然の香りの発する油(精油)やお香で嗅覚を刺激し、ストレス (生体) ストレスを解消したり心身をリラックスさせたりする代替医療の療法の一つと言われています。

 

アロマテラピーという言葉は、20世紀に入ってからフランスの科学者ルネ・モーリス・ガットフォセによる造語です。アロマは芳香、テラピーは療法を意味するフランス語。(英語ではアロマセラピー)。
1920年、南フランスのプロバンス地方において、火傷の傷にラベンダーの抽出油を塗ったところ、痛みが和らいだことから、植物の抽出油の研究が始まったといわれてます。

 

ルネ・モーリス・ガットフォセは主に代替医療方面の技術としてアロマテラピーを研究、発展させましたが、弟子であるマルグリット・モーリーは、アロマテラピーをおもに美容方面に活用できる技術として研究し、イギリスに伝えました。

 

このため、現在のアロマテラピーには大きく分けてフランス系とイギリス系の二つの流れがあり、フランス系のアロマテラピーは医師の指導のもと精油を内服するなど、医療分野で活用されています。

 

これに対しイギリス系のアロマセラピーはアロマセラピストと呼ばれる専門家によって施されるなど、医療とは区別され、心身のリラックスやスキンケアに活用される様になりました。

 

アロマエッセンスは確かに多様な種類がありますが、中でも皆さんごぞんじであり、一番身近な存在は何と言っても「ミント」ではないでしょうか?
ミントはアイスクリームにも使われていますね。
料理にも入っていますし、ガム、タバコにも使われています。
また育てやすい事も有名で、小さなミントを植えて置くだけで雑草のようにどんどん成長します。
このサイト内で記載しています、アロマの効能でストレスを解消しリラックスした気分で毎日をお過ごし下さい。
関連ニュース
今月の楽天ランキング

 

 

 


今日のニュース 7月22日 11:23
辺野古 政府が沖縄県を提訴
五輪費負担どうする?都知事選

旬な最新情報を鮮度の落ちないうちにあなたへWeb-Go