確定申告

確定申告

確定申告

前回の記事に引き続くような内容になるとおもいますが、今回は「確定申告」についてお話したいとおもいます。
クリック365であろうと、通常の外国為替証拠金取引であろうと、株であろうと、とにかく投資で利益を得たかたは、確定申告をしなくてはならない事はもうお分かりですよね。
はい、何回かお話したように、雑収入として20万円以内で収まっているかた以外のかたがたです。
ですので、クリック365に興味ある貴方は、クリック365を行なう事と確定申告をする事はセットだと思っていればよいでしょう。
確定申告ははじめて行なうかたにとっては、色々と複雑でわかりにくいとおもいます。
だからこそ、ごご面倒になってしまってやらないかたもいらっしゃるのでしょう。
ですが、確定申告の時期になりますと、税務署では係のかたがちゃんと書き方をおしえてくれるのですよね。
そうして、2回、3回とやっているうちに、段々書き方を覚えてまいります。
しかも、最近では、ネットを使って確定申告ができるようになりましたから、とっても便利になりました。
ところで、確定申告の際には得た利益から、引いてもらえる価値と言うのがあります。
事業主でいうところの「経費」扱いのものですよね。
例えを申しますと、外国為替証拠金取引に関する書籍代、取り引きするためのネットにかかる通信費やプロバイダ料金、振込み手数料、取引の画面を見るためのパソコン代金、等々です。
勿論、これらを利益から引く事ができるかどうかを決めるのは税務署ですので、殆どが対象になるかどうかはその時でなければわかりません。
ですが、用意をしておけば、引いてもらえる可能性が高いですからお勧めです。


今日のニュース 4月27日 00:25



最新のネットビジネスランキングサイトWeb-Go

確定申告関連エントリー

クリック365をごぞんじですか
クリック365と言うのは、東京金融取引所が市場を設立、運営している外国為替証拠金取引の事を言います。
外国為替証拠金取引とは(1)
クリック365を一から説明しようとするのであれば、外国為替証拠金取引と言うものについて、まず知らなくてはなりません。
外国為替証拠金取引とは(2)
クリック365と言うのは、外国為替証拠金取引(FXとも呼ばれている)の一種です。
外国為替証拠金取引とは(3)
外国為替証拠金取引をする場合、この証拠金(保証金とも言います)と言うものが必ず必要になってきます。
クリック365の詳細を説明する前に
「クリック365と言うのは、東京金融取引所が市場を設立、運営している外国為替証拠金取引の事を言います。」
東京金融取引所とは
今日は、クリック365で有名な「東京金融取引所」についての説明をしようとおもいます。
クリック365の特徴(1)
今日はいよいよ、クリック365の特徴をお話しようとおもいます。
クリック365の特徴(2)
外国為替証拠金取引で言う「スプレッド」と言うのは、売値と買値の価値差の事を言います。
クリック365の特徴(3)
クリック365の特徴は幾つかありますので、今日も引き続きます。さらなる特徴として、売買する通貨ペアが決められている・・・と言う事が挙げられるでしょう。
クリック365の特徴(4)
クリック365は他にもまだ特徴があります。税率が一律20%だと言う事です。
クリック365の特徴(5)
クリック365で得た利益であっても、通常の外国為替証拠金取引で得た利益であっても、どちらも収入としては「雑収入」に分類されます。
クリック365の特徴(6)
今回は、「クリック365は資金面での安全性が高い」と言う特徴について、お話させていただこうかとおもいます。
クリック365の特徴(7)
クリック365は、通常の外国為替証拠金取引に比べまして、「為替レートのスプレッドが狭い」と言う特徴もあります。
クリック365の特徴(8)
クリック365には、まだ特徴がありますよ。今日お話する特徴は「スワップ金利が高くインストレーションされている」と言う事です。
クリック365の特徴(9)
クリック365を取り扱いしている業者と言うのは、現在のところとっても限られています。これはどうしてなのか・・・と言う事になりますが、其れだけ監査基準が厳しいからなのです。
クリック365の特徴(10)
クリック365のサービスに加盟しているFX業者の取引手数料と言うものは、決してフリーにはならないと言う事なのです
クリック365の注文ツール
クリック365の注文をするためのツールについてお話してみようとおもいます。
クリック365の歴史
今日は、クリック365の歴史について、お話してみようとおもいます。日本で外国為替証拠金取引が始まったのは、1998年の事です。
クリック365の今後
クリック365が実施されるようになってから、かなりの年月が経ち、当初よりもしかも便利に改善された部分が幾つかあります。
クリック365の取引時間
クリック365の場合ですが、取引時間が決まっているのですよね。とは言いましても、その取引時間と言うのは24時間ではないものの、24時間に近いくらいの時間です。
クリック365の注文方式
クリック365における注文方式も、通常の外国為替証拠金取引における注文方式と殆ど同じです。
クリック365の取引までの流れ(1)
今回は、クリック365に興味を持ってくださったかたの為に、取引までの流れを説明してみようとおもいます。
クリック365の取引までの流れ(2)
オンラインから申し込みをした場合にはキャンペーン等が開催されている場合もありますから、よく見てお得があればそちらから設立するのもよいですよね。
マーケットメイカーについて
クリック365のなかにおきましては、諸国最大手の金融機関であるドイツ銀行等がマーケットメイカーをしているのですよね。
相対取引について
クリック365に限った事ではないのですが、「相対取引」と言う用語もよく使用されます。
ロスカットについて
ロスカットと言うのは、指定された範囲を越える損失が出た場合、ポジションを強制的に決済して、其れ以上に損失が膨らまないようにするための仕組みを言います。
損切りについて
「損切り」・・・この用語もしかも、クリック365をおこなおうとするかたにとってはとっても重要な用語でありますから、是非ともここで説明させて下さい。
脱税をしてはいけません
申告しなかった場合には、100万円の利益であっても明らかに脱税であって、罪を犯した事にもなるのです。最あくの場合、35%の重加算税が加算される事もあり得ます。

ホーム RSS購読 サイトマップ