大証FX

大証FXとは

2009年夏、日本の取引市場に新たな取引が誕生し、流行になっています。
その名も大証FX。

大阪証券取引所が設立した取引所取引です。

 

大証FXは2009年7月に設立したもので、外国為替証拠金取引(FX)では、店頭取引、くりっく365に続き、3つ目のFX市場と言う事になります。
FXと言うと、もうだいぶ前から設立された取引のようなイメージを受けますが、実際にはまだ10年くらいの歴史しか御座いません。

その歴史のなかで、この大証FXの誕生は大きな転機といえるでしょう。

 

大証FXの基本構造は、くりっく365とかなり似ています。
そのそれとは別に、取引に使用できる通貨やレバレッジ等、一部ちがう箇所もあるので注意が必要です。

では、具体的に大証FXとくりっく365がどれほど異なるか、見ていきましょう。

 

取引所は、当たり前ですが異なります。
大証FXは大阪証券取引所なのに対し、くりっく365は東京金融取引所です。

通貨ペアの数はかなり差があり、クリック365の方がかなり多くなっています。
とはいえ、くりっく365も初期はかなり少なく、現在の大証FXの通貨ペアより少なかったので、いずれ大証FXも増えていく事になるかとおもいます。

 

証拠金は、最低額にかなりの差があり、くりっく365が7,000円なのに対し、大証FXは3万円となっています。
共に預託なのは同じですよね。

スワップ大切な点も同じです。
注文の種類は大証FXの方がかなり豊富です。

 

こういった違いは結構使い勝手に差が出るので、どちらが良いかなんとなく検討してみる事をお勧めします。
関連ニュース

漢方のプラスビューティ

 

 

 


今日のニュース 8月28日 22:25
台風10号 勢力強めながら北上
女児不明 子供寄る場所でない