自動車レースといえば、「F1」だ

F1とは

自動車レースといえば、「F1」をおもい浮かべる人は多いでしょう。
F1の「F」は「Formula(フォーミュラ)」、「1」は「トップクラス」と言う事を意味していて、「Formula 1(フォーミュラ・ワン)」の事を略してF1と呼ばれています。

 

「フォーミュラ」と言うのは、レーシングカーのサイズや重さ、排気量等のクラスの事で、国際自動車連盟(FIA)が1947年に制定したんです。記念すべき第一回F1世界選手権は、1950年5月13日、英国で行なわれていますよ。

 

現在では、世界各地を転戦する形式で、毎年3月〜10月の暖かい時期に2週間に1回のペースでレースが行なわれています。
殆どのレースはヨーロッパ地方で行なわれていますが、日本でも観戦する事ができ、2009年は三重県の鈴鹿市で観戦する事が決まっています。

 

レースは通常、金、土、日の3日間で行なわれています。(モナコでの開催は木・土・日)
金曜日は練習走行(フリー走行)、土曜日は午前中に2回フリー走行があり、午後は予選レース、日曜日は午前中に1回フリー走行、午後が決勝となっています。

 

1つのチームで何百、何千人ものスタッフが動員されて、何十億と言う莫大な費用をかけて最先端の技術を駆使してレースに臨んでいます。
多くの観客、スタッフを動員して世界各国を転戦する様子は、「F1サーカス」とも呼ばれていますよ。

 

オリンピックやワールドカップサッカーに匹敵するほど、沢山の観戦者がいると言われている世界的に人気の運動であるF1。
自動車に興味のない人でも、一度レースを観戦するとその魅力にとりつかれてしまう人も多いのです。

関連ニュース
印鑑・実印・はんこの尾城堂

 

 

 


今日のニュース 12月3日 01:28
電通 社員の1割を異動へ
袋に3歳入れ逆さづり 男逮捕

旬な最新情報を鮮度の落ちないうちにあなたへWeb-Go