母の誕生日プレゼント情報

モノより思い

お母さんへのプレゼント選びは、思ったより難しいものです。
喜ぶ顔が見たいからといって、あまり高価なものを選択すると、かえって心配をかけてしまいます。

 

お母さんから見れば、幾つになっても子どもは子どもなので、心配せずにはいられないのでしょう。
自分も家庭を持ち親になってみると、お母さんの苦労や大変さが身にしみて分かってきます。
あらためて感謝の思いを強くし、少し奮発してプレゼントを贈ったのに、「この様な高価なもの・・・」と、結論として終わりは心配されてしまった、と言う話もよく聴きます。
お母さんにとっては永遠に「子ども」の存在と言うわけですよね。
学生や、社会人になって間もない10代や20代前半の方の場合は、とくにそうなのではないでしょうか。
自分では、もうじゅうぶん大人と思っていても、お母さんからみれば、ついこの前小学校を卒業したような気さえしている事とおもいます。

 

高価なプレゼントを贈る事が大人になった証と言う事でも、感謝の思いの表れと言う事では御座いません。
プレゼントと言うと、直ぐに「モノ」をおもい浮かべてしまいますが、親へのプレゼントと言う事に限って言えば、決して「モノ」が喜ばれると言うわけではなさそうですよ。

 

カードや手紙をプレゼントにしたり、一人暮らしをされている方なら電話を掛けると言うプレゼントも喜んでくれるとおもいます。
「モノではなく思いが嬉しい」と言うのが、親心です。
とくに母親はそのおもいが強いのではないでしょうか。
関連ニュース