人気のヘアスタイル

顔のしわ・タルミ改善

サンプルサイト

顔のシワ、たるみ、二重あごをなかったことに「フェイスアップヘアカバー」

≫詳細ページ

フインガーブラシ

サンプルサイト

手ぐしでシュッと逆毛でボリュームアップできるフィンガーブラシ

≫詳細ページ

ヘアカラーリングが当たり前の時代に

前、日本人は黒髪である事を何よりたいせつ視していました。真っ黒な髪の毛に誇りを持ち、其れがある種、日本人である事のステータスにもなっていたのではないでしょうか。ですけど、時代が移り変われば、金額観も変わってきます。現代の日本において、黒髪は必ずしも前のような「日本人の誇り」ではなくなりました。黒髪は...

≫続きを読む

ヘアカラーの色合い

髪の毛を染める場合、まず何といっても「色」がたいせつになってきます。ヘアカラーリングをする上で比較的多いのは、やはり茶色、すなわち茶髪ですよね。髪の毛を染めている日本人の殆どは、茶系の色を選択しています。これは、元々は脱色によって髪染めが行なわれており、茶色以外の選択肢がなかったと言う事と同時に、茶...

≫続きを読む

ヘアカラーの明るさ

どうしても色合いばかりが注目されがちなヘアカラーですが、明るさも非常にたいせつな条件です。実際、同じ茶髪でも、明るめの茶髪と暗めの茶髪では、全く色が違ってきます。何より周囲に与えるイメージが変わってくるので、自分をどう見せたいか、どう演出したいのかと言う点において、髪の毛の色の明るさはかなりたいせつ...

≫続きを読む

髪の毛を染める目的

元々、日本人のなかに「髪の毛を染める」と言う金額観は、殆どありませんでした。はじめにこれが一般庶民の間に生まれたのは、恐らく「白髪染め」ではないでしょうか。人間、年老いていくと、髪の毛の色素がなくなり、白髪になってきます。若年性の白髪もあるので、必ずしも老いで生まれる現象ではありませんが、白髪が出て...

≫続きを読む

髪の毛を染めるメリット・デメリット

髪の毛の色を変える事は、よくも悪くも大きくその人の印象を変えます。其れまでずっと地毛の黒髪だった人が、突然その髪の毛の色を変えた場合、周囲の見る目は大きく変わります。あか抜けたと言う印象を持たれるケースもあれば、ケバケバしくなったとかんがえられるケースもあるでしょう。いずれにせよ、イメージが大きく変...

≫続きを読む

ヘアカラーによる染毛のメカニズム

毛髪を染める方法は、実際は多岐に亘ります。そのような数ある方法のなかでも、比較的スタンダードなのが「ヘアカラー」です。では、そのヘアカラーの染毛のメカニズムを見ていきましょう。ヘアカラーは「染毛剤」と「染毛料」に分類され、「染毛剤」の場合は医薬部外品、「染毛料」の場合は化粧品に分類されます。一般的に...

≫続きを読む

ブリーチによる染毛のメカニズム

基本的に、ヘアカラーリングには複数の種類がありますが、そこで大別するとしますと、「染料」か「脱色」か、で分ける事が出来ます。その中の「脱色」に相当するのが「ブリーチ」です。脱色剤として、既に長い歴史を持っているブリーチですが、そのメカニズムは基本的にヘアカラーとあまり大きくは異なりません。まずアルカ...

≫続きを読む

ヘアマスカラによる染毛のメカニズム

いわゆる「染毛」の分類に属するヘアカラーリングのなかには、「一時染毛料」と言う分野も存在しています。これは、ヘアカラーに代表される「永久染毛剤」とは異なり、一時のみ染毛すると言うものです。当然、時間が経てば色は落ちます。そういう意味では、耐久性は御座いません。逆にいえば、時間さえ経てば元に戻るので、...

≫続きを読む

ヘアマニキュアによる染毛のメカニズム

同じ染料でも、その髪の毛を染めるメカニズムによって、継続する期間や強さが大きく変わってきます。ヘアカラーの場合は永久染毛で、毛髪着色料の場合は一時染毛です。では、その中間に位置する染料がないのかと言うと、実際はしっかりと存在しています。其れが半永久染毛料「ヘアマニキュア」です。ヘアマニキュアは、いわ...

≫続きを読む

各ヘアカラーリングのメリット、デメリット

髪の毛を染色する場合、多様な種類の染料がありますが、其れぞれ異なったメカニズムが存在しており、其れによって個々の特徴も異なっています。ここでたいせつなのは、其れぞれのメリット、デメリットの特徴をしっかりと理解する事です。そのどちらも知った上で、どれが一番自分にとって合っているのか、どの染料のメリット...

≫続きを読む

各ヘアカラーリングの特徴

各ヘアカラーリングにおける特徴を知る事は、用途に応じた使い分けが出来ると言う事を意味します。髪の毛を染める上で、この使い分けが出来るとかなり楽です。とくに費用面においては、たいせつな意味を持ちます。各ヘアカラーリング剤の特徴をしっかりと理解し、自分の用途に合った製品を購入するように心がけましょう。ヘ...

≫続きを読む

各ヘアカラーリングのタイプ

どんなヘアカラーリング剤を購入しようかと迷った場合、その目やすの一つとなるのがヘアカラーの「タイプ」です。この「タイプ」は使用感にそのまま影響してくるので、かなりたいせつですよね。成分自体も若干の違いがあります。其れも考慮した上で、どんなタイプにするかを決めると良いでしょう。ヘアカラーリングにおける...

≫続きを読む

オススメのタイプ

非常に豊富な種類があるヘアカラーのタイプ。其れだけに、どのタイプが自分にとって使いやすいのか、そうでなければ使いにくいのかと言う事は、はじめはわかりにくいでしょう。使用感は人其れぞれ微妙に異なるので、実際に全種類使ってみるのが一番ですが、其れだと費用面で大変な事になってしまいます。そこで、ここでは其...

≫続きを読む

白髪と黒髪では染め方がちがう

本格的にヘアカラーリングをする前に、その土台となる髪の毛に関しても、少し知っておきたい事があります。其れは、髪の毛の色です。カラーリングをする上で、その基盤となる元々の髪の毛の色は、非常にたいせつな意味を持ちます。だが、日本人の場合は総じて黒髪がベースです。その点に関しては問題ない…かと言うと、そう...

≫続きを読む

白髪を綺麗に染めるには

白髪を染める場合は、基本的には白髪染めや、白髪用のヘアカラーリング剤を用います。白髪と言うのは、その名の通り白い髪の毛で、メラノサイトの機能が老化等の理由で悪くなり、メラニン色素が毛髪内に取り込めなくなった場合に生える髪の毛です。すなわち、色素が存在しない髪の毛、と言う事ですよね。其れが何を意味する...

≫続きを読む

黒髪を綺麗に染めるには

白髪とは違い、黒髪はメラニン色素がしっかりと毛髪内に詰まっています。なにより、黒と言う色は非常に主張が強く、染める上では難しい色とされています。実際、絵の具で試してみると、よくわかります。白の絵の具に別の色の絵の具を使ってみると、その色が薄くなったり、白味がかったりしますが、じゅうぶんにその色は残り...

≫続きを読む

ヘアカラーで染めやすい髪、染めにくい髪

幾つかあるヘアカラーリング剤のなかで、ヘアカラーは比較的髪の毛の質によって仕上がりが変わりやすいと言われています。その為、自分がどんな髪質なのか、その髪質にはどんな色が合うのかと言う事をしっかりと理解した上で、製品を購入する事をオススメします。では、どんな髪質が染まりやすく、どんな髪質が染まりにくい...

≫続きを読む

頭部における染まりやすい部分、染まりにくい部分

髪の毛をカラーリングするにあたり、実際は頭部によって染まりやすい部分、染まりにくい部分と言うものが存在します。その為、其れを知らずにヘアカラーリングを行ない、殆どの部位に対して同量のヘアカラーリング剤を使用しますと、ムラができてしまうのです。キレイに染めるコツは、染めにくい部分には多めにヘアカラー剤...

≫続きを読む

ヘアカラー前にはパッチテストを

数あるヘアカラーリング剤のなかでも、比較的長持ちするヘアカラー。費用の面で言っても、手間隙の面で言っても、比較的有効な製品といえるでしょう。その為、使用している人の数も非常に多いカラーリング剤です。だが、其れだけ長持ちすると言う事は、少なからず刺激が強い事を意味します。人体への影響を懸念せざるを得な...

≫続きを読む

ヘアカラー前の準備

パッチテストで異常がないのなら、いよいよヘアカラーを本格的に塗布する事になります。だが、髪染めはヘアカラーリング剤だけあれば出来ると言うものでは御座いません。事前に幾つかの準備が必要です。先ず、用意すべき物が幾つかあります。絶対に必要なのは、タオルやティッシュペーパー、鏡、新聞紙等の下に敷くものです...

≫続きを読む

ヘアカラーのノズル別特徴

実際にヘアカラーを使用する前に、まず購入した製品をもう一度確認してみましょう。中身に関しては、既に自分が検討を重ねた上で選んだ物ですので、問題ないでしょう。問題なのは、その製品の上部。いわゆる「ノズル」と呼ばれる部分です。ヘアカラーは、ここがどんな型なのかによっても、使用感や使用法が変わってきます。...

≫続きを読む

ヘアカラーの使い方

各ノズルの特徴を確認したら、いよいよヘアカラーの使用開始です。ヘアカラーによる髪染めの基本的な流れは、ヘアカラーリング剤の塗布 → 一定時間の放置 → 洗い流し、となります。ここで比較的たいせつなのは、当然ながら塗布の段階と言う事になりますが、この部分は其れぞれの製品、タイプによって手順が異なるので...

≫続きを読む

泡タイプの使い方

ここからは、ヘアカラーのタイプ別の塗布の仕方を説明していきます。ヘアカラーには幾つものタイプがありますが、そのなかで比較的入門者が使いやすいタイプは、泡タイプではないでしょうか。「エアゾールタイプ」とも呼ばれるこの泡タイプは、使用感が柔らかく、又広がりやすいので、ムラが生まれにくいヘアカラーです。乳...

≫続きを読む

液状タイプの使い方

液状タイプ、いわゆる「ジェルタイプ」のヘアカラーは、ノズルタイプになっている物が多く、使いやすさと言う点では、入門者向きではないとおもいます。だが、慣れてくると部分染めもしやすく、かなり使い勝手が良いタイプとなるので、早めに使い方を覚えておいて損は御座いません。そのような液状タイプのヘアカラーの使い...

≫続きを読む

クリームタイプの使い方

クリームタイプのヘアカラーは、基本的にクシ型、コーム型のノズルとなります。このノズルは比較的使いやすいので、そういう意味ではクリームタイプのヘアカラーも、泡タイプ同様、入門者向きといえるとおもいます。だが、クリームは粘着性が強いので、上手く広げないとムラができてしまいます。慣れないうちは、時間をかけ...

≫続きを読む

ヘアカラーをメーカーで決める

種類やタイプによってヘアカラーを決める一方で、メーカーで購入する製品を決めると言う方法もあります。ヘアカラーリング剤と言うのは非常に多くのメーカーが開発、販売しているので、入門者の方が選択するのは容易では御座いません。そこで、メーカーを絞る事で、自分好みの製品を迷う事なく選択する事が出来るのです。メ...

≫続きを読む

ホーユーのヘアカラー

多様なメーカーが開発、販売しているヘアカラー。そのなかでも、とくに「ヘアカラーリング剤」に対して情熱を注いでいる会社が「ホーユー」です。なんといっても、「ヘアカラーのホーユー」と自ら銘打っている事からも、其れは明らかですよね。このホーユーに、化粧品メーカーと言う印象を持っている人は、あまりいないでし...

≫続きを読む

花王のヘアカラー

恐らく、日本でこのメーカーを知らない人はいないとかんがえられるほど、圧倒的な知名度を誇る大手化学メーカー「花王」。家庭用および業務用の洗剤、化粧品、食品等、取り扱う製品の種類、部門は数知れず。その多くが同分野内におけるトップシェアを記録する等、日用品メーカーとして日本の代表的存在となっています。その...

≫続きを読む

資生堂のヘアカラー

日本で比較的有名な化粧品メーカーといえば、やはり「資生堂」でしょう。東京の銀座に本社を、実質的な本社と言われるオフィスを港区の汐留タワーに構える資生堂は、化粧品に関するあらゆる部門においてトップシェアを誇っているビッグメーカーです。実際、資生堂の製品を一度も使った事がないと言う人は、男女問わず殆どい...

≫続きを読む

その他のメーカーのヘアカラー

ホーユー、花王、資生堂と、大きな規模を誇るメーカーが多数のヘアカラー製品を取り扱っていますが、其れ以外のメーカーも多数、人気製品を取り揃えています。例えを申しますと、化粧品メーカーとして、資生堂と並び立つほどに高い知名度を誇るコーセーやカネボウ等も、ヘアカラーを取り扱っています。コーセーはスティーブ...

≫続きを読む

「髪型がくずれにくいリバーシブルUVカット帽子」


ゆったり設計で頭を締め付けず脱いでもふわふわヘアーをキープするUV帽子

今が旬の無料情報

リストがかってに集まる方法 初心者が月5万円稼ぐ方法 利益0でも稼げるオークション術


「メルマガアフィリをしたいけど、リストの集め方が分からない…」 大丈夫です! 初心者こそ使ってほしい、画期的な方法でリストが”集まる” 不思議なシステムが無料で使えます。 登録は不要で、下記から詳細を確認できるので、ご自身の目で確認してください。


アフィリエイトは結果が出ない・・・ わずか28日間で月収5万円を稼ぐ方法とは!?<アフィリエイト初心者のための月収5万円計画> ☆☆今だけ【完全無料】で"特別レポート"プレゼント中!☆☆


ネットビジネス初心者OK!オークション初心者OK!! 利益が0でも稼げちゃうオークション術を今だけ”完全無料”でプレゼントしてます!