変額年金保険

年金額が変わる年金

年金と言うと、殆どの人はまず公的年金をおもい浮かべるかとおもいます。
公的年金とは国が行っている年金制度の事で、老齢年金、障害年金、遺族年金の3種類があり、このなかでとくに色々と流行になるのは老齢年金です。

老齢年金は、国民年金、厚生年金保険が主なものとなっています。
これらの国民年金、厚生年金を「年金」と認識している人が多数なのではないでしょうか。

 

ですが、年金はこういった公的なものばかりでは御座いません。
現在は民間会社や郵便局等でも、公的年金とは違った「個人年金」等の年金保険を取り扱っています。

其れから今、こういった個人年金等の公的年金以外のものがクローズアップされているのです。

 

公的年金と比較し、そういった個人年金には多様な種類があります。
其れから近年、色々と議論が交わされているのが変額タイプの年金です。

公的年金は、保険料、保険金共に定額です。
其れに対して変額タイプは保険金が変動するタイプの年金保険となります。

 

今、老後の生活に不安を抱いている人はかなり数多くいるのではないかとおもいます。
そういった人たちを対象に、老後の資金をどうやって貯蓄するかと言う点をかんがえたサービスは、年々増えてきています。

その中の一つに、「変額年金保険」と言うものがあるとかんがえてください。
年金保険の一つですが、同時に資金運用の一つでもあります。

すなわち、多様な面を持っているのが変額年金保険と言う金融製品なのです。
関連ニュース

軽井沢 ガーデン

 

 

 


今日のニュース 8月25日 17:28
台風10号 猛烈な台風に発達へ
つまらない男 岡田氏気にせず

旬な最新情報を鮮度の落ちないうちにあなたのお手元に届けますWeb-Go