いびきとは

いびき(鼾)に悩んでいる人や、悩ませる人が多くいます。
では、いびきとは何でしょうか。

 

いびきと言うのは、睡眠時の呼吸によって起こる雑音の事です。
いびきは、呼吸によって気道や軟口蓋(なんこうがい)、鼻腔の粘膜が振動して独特の音を発生します。

 

軟口蓋と言うのは、口の奥の柔らかい部分の事です。
口蓋とは上あごの事で、軟口蓋はこの口蓋の後ろ1/3くらいの柔らかい部分であり、発声する時や物を食べて飲み込む際に動きます。
発声練習では、この軟口蓋を上げて発声するようにと教えています。
軟口蓋は、食べ物が口に入っている間は舌とくっついて、食べ物が咽頭(=のど)に入らないようにします。
物を飲み込む時には咽頭部と接触して鼻に入らない仕組みになっています。

 

たいてい、起きている時にはいびきをかきません。
ですけど、睡眠中は体の筋肉が緩みます。
すると上気道の筋肉も緩んで、その結果上気道が狭くなります。
空気の通り道が狭くなる為に、そこを空気が通ると粘膜が振動します。
その振動がいびきとなるのです。

 

このいびきには病気が隠れている場合もあります。
単にいびきがうるさいとおもわずに、大きないびきが続く場合や、無呼吸状態が続く場合は一度医療施設に行って診察を受けましょう。
空気の通りが悪いと言う事は熟睡していないので、体にもよく御座いません。
しっかり治療する事で、いびきの要因となる病気が治ると同時に、本人や家族もいびきに悩まされる事がなくなります。
適切な治療を受けて、充分睡眠を取れるようにしてください。
関連ニュース

 

更新履歴