インテリアコーディネーターを目指せ

インテリアコーディネーターの職種

インテリアコーディネーターとは、住む人にとっての快適な住空間を創る為に多様な提案をおこなうプロフェッショナルで、インテリアにかんする幅広い知識を持ち、インテリアプランの作成や製品選択のアドバイス等を行う職業です。

 

建物の室内装飾及び家具、照明など住空間のデザインを職業にしている人で、インテリアプランナーと称する人もいます。(主に独立し、フリーで活動している人を指す?)
インテリアコーディネーターは、(社)インテリア産業協会が実施する資格試験に合格した人で、家具の色彩的統一、壁紙の柄、設置場所などより快適に暮らすための相談も行います。

 

インテリアコーディネーターは、今もっとも注目されている職業の一つで、個性豊かな住まいへの関心が高まっている今、その活躍の場も広がってきています。
アーティスティックな印象の強い職業ですが、実際に活躍されているインテリアコーディネーターさんに聴くと「家を建てた時のインテリアコーディネーターが素敵だった」「小さいころから部屋を飾ったり、インテリア雑誌を見るのが好きだった」等、この職業を目指す契機は色々です。

 

「洒落たバーみたいな雰囲気にして欲しい。照明にこだわりたい」、「レトロな感じ。中世っぽい印象で」と言うように、そのアバウトな要望を具体的な形にし、クライアントの満足が得られる住空間に導くのがインテリアコーディネーターの役目なのです。

 

女性に人気の職業ですが、最近は男性も増えてきています。又、生活体験を活かせるためこの職業を目指す主婦の方も多くいます。
インテリアに対する興味や愛着を持つ人にとって、インテリアコーディネーターというのは、やりがいがあり、高収入も夢ではない可能性を秘めたビジネスではないでしょうか。
関連ニュース