イントラネットとは

イントラネットとは

イントラネット(Intranet)とは、社内・地域等、限定された範囲でのコンピュータ・ネットワークを構築する時に、インターネットの標準的な技術を利用することで低コスト化とベンダー独立性を高めようとするとりくみで、また、そのようにして構築されたネットワークをしさしています。

 

たとえばインターネットで普及している通信プロトコルを用いて社内・地域の情報共有システムを構築することで、広く普及しているインターネット用のソフトウェアやハードウェアをそのまま利用でき、また標準化された技術を使うため、他社と協力してエクストラネットに拡張したりすることが容易になります。

 

基本的には通信手段の階層構造であるレイヤ1(物理層)、レイヤ2(データリンク層)、レイヤ3(ネットワーク層)、レイヤ4(トランスポート層)等をインターネットで行われている物と共通化させることにあります。

 

このイントラネット構築ですが、難しそうなイメージがありますので、物凄い費用がかかるのではないかと心配する人も多いでしょう。ですけど、イメージとは逆に、あまり費用がかかる事無く、システム構築が出来るので取り入れている所も多いようです。

 

しかも、イントラネットの構築だけですと、情報の共有が出来ませんが、構築の後に情報共有システムの様なツールを稼働させます。其れで情報の共有が簡単に出来る様になるのです。

 

イントラネットの構築については、費用はその様にかかる事は無いのですが、構築するまでの手間が多少掛かります。ですから構築する為の知識は必要になるのですが、費用効果は抜群に良いですから、是非構築して社内・地域での作業の効率化を推し進める手段としてお勧めします。
関連ニュース
ゴルフ用品通販

 

 

 


今日のニュース 12月4日 03:24
病院に車突っ込む 3人が死亡
病院に車突入 泣きすがる子も

旬な最新情報を鮮度の落ちないうちにあなたへWeb-Go