税効果会計

税効果 会計記事一覧

税効果会計の具体的な説明

税効果会計を言葉で説明しても、よく理解出来ない人が多いでしょう。そこで具体的に数字を挙げて説明してみたいとおもいます。先ず、税効果会計と言うのは会計上における利益や費用、其れに対する法人税等の益金と損金において認識上ズレが生じる場合がありますので、その差異を調整する為の会計手段の事を指しています。例...

≫続きを読む

 

税効果会計の実効税率について

税効果会計では実効税率が凄くたいせつな鍵になっています。先ず「税効果会計」とか「実効税率」とか聞いてもピンとこない方が多いのではないかとおもいます。税効果会計で使われている実効税率と言うのは、税金を納める際に使われる税率の事ですが、実際に納税する際に使われている税率ではなく、税効果会計で使われる税率...

≫続きを読む

 

税効果会計を講習で習得しよう

税効果会計をちゃんとした知識を持ってマスターする為に、税効果会計を教えてくれる実務講習等が有ります。税効果会計は国外では浸透している会計処理ですが、日本ではまだまだ導入している所も少ないですので、しっかりと講習を受けて知識を付ける必要が有ります。講習を受ける長所は、講習内容の段階によるかもしれません...

≫続きを読む

 

税効果会計を習い始めるなら入門書を読みましょう

税効果会計のソフトを使いながら覚えていこうとしても、言葉が分からなかったり、方式が分からなかったりしてなかなか進まなくなる可能性があります。そこで先ずお勧めしたいのが、税効果会計の入門書を読んで知識を少しでも付けてから実際に取り掛かると言う方法です。各企業において、今後ますます税効果会計の必要性が感...

≫続きを読む

 

税効果会計と簿記

ちょっぴり前までは税効果会計と言う言葉さえ知らなくて、経理や商業の学校でさえ授業に取り入れている所は少なく、逆に簿記に関係いたします勉強を沢山やっていると言うイメージがありました。今では税効果会計が出来ないと、いくら簿記の2級や1級を持っていても企業の経理内ではあまり意味が無くなっている気さえしてし...

≫続きを読む

 

国外での税効果会計

税効果会計を導入している企業は最近増加傾向にあるとおもいます。税効果会計は便利な会計処理システムでは有りますが、このような会計基準は国外でも既にあると言う事が分かっています。税効果会計だけではなく、研究開発費、退職給付、金融製品に対する会計処理でも導入されて来ました。その様な会計処理が導入されて来た...

≫続きを読む

 

繰越税金資産とは

税効果会計には多様な用語が使われています。沢山有って覚えられないとおもいますが、そのなかでもここでは「繰越税金資産」についてごお知らせしてみたいとおもいます。先ず「繰越税金資産」とは税金を前払いしておく様な物とかんがえて良いでしょう。逆に税金を払わないで未払い状態の様な物を「繰越税金負債」と呼んでい...

≫続きを読む

 

税効果会計の風評

税効果会計と言う会計処理が、最近日本でも導入されて来る様になりました。導入されるのは大手の企業はもちろんですが、中小企業でも導入され始めて来ている様です。比較的大きい会社でしか使われないだろうとおもわれがちな税効果会計ですが、小さい会社でも黒字計上出来る様であれば税効果会計を使った方が良くなるとおも...

≫続きを読む

 

繰延税金資産は回収の可能性があるのか

税効果会計では繰延税金資産と言う項目が有りますが、この項目は将来的に過去に発生した一時差異が解消される期に対して、法人税と言う様な税金の支払い額を減額させてくれる効果が期待出来る物になります。だが、繰延税金資産として計上するには前提となる物が有ります。其れは過去に発生した一時差異が将来的に解消される...

≫続きを読む

 

税効果会計の会計処理

税効果会計でおこなわれている会計処理について説明してみたいとおもいます。企業では、法人税や事業税、住民税等を算定する為に、先ずは課税所得を計算する事にしています。算出された課税所得は会計上で算出された利益を基にしているものの、実際の利益の額とは一致する事は殆ど有りません。これは課税所得で行なう計算と...

≫続きを読む

 

実効税率

税効果会計では「実効税率」と言う言葉が使われています。実効税率とはあまりきかない言葉だとおもいますが、税効果会計では使われている言葉なので以下に説明したいとおもいます。税効果会計で使用されている税率と言うのは、納税を実際に行なう時に計算で使われる税率とは違います。法人の方が納税をする際には、国税であ...

≫続きを読む

 

永久差異と一時差異

税効果会計でお使いになっている用語に「永久差異」「一時差異」と言う言葉があります。税効果会計を行なう際には、会社法と税法の両方で項目を取り扱う必要がありますが、その2つで取り扱われている項目で異なっている項目は調整をしなくてはなりません。その扱いが異なる分の項目の事を、税効果会計では永久差異と一時差...

≫続きを読む

 

税効果会計で使われている繰延税金資産

税効果会計と言うと、会計処理のなかでも特に重要性が高い処理で有りますが、凄く難しい為に導入する事自体を検討しているが、ちょっぴり敬遠している企業が沢山あるとおもいます。中小企業にとっては強制的ではない為に、導入している所も少ないとおもいます。ここでは、税効果会計のなかでも「繰延税金資産」と言う項目に...

≫続きを読む

 

税効果会計の方式

税効果会計の方式に「繰延法」と「資産負債法」と言う方式が有りますので、言葉は知っていても、内容について曖昧な記憶しかない方は沢山いるとおもいます。そこでここでは、個々その2つの方式について説明します。先ず「繰延法」にかんしてですが、企業会計上で計上される利益と費用の金額と、税務会計上で計上される益金...

≫続きを読む

 

税効果会計で使われる言葉の意味

税効果会計では、多様な言葉が使われていますが、そのなかでもよく使われる言葉に、「一時差異」と言う言葉が有りますが、一時差異でも種類が有る様です。今期に発生した一時差異が、将来的に解消されるとした場合、解消される期の課税所得を減額扱いにしてくれる効果が期待出来る一時差異を「将来減算一時差異」と言います...

≫続きを読む

 

繰延税金資産には客観性がどれだけ有るのか

税効果会計で使われている「繰延税金資産」の計上額にかんしては、企業の主観的意見が多く含まれている事が分かっています。ではどれだけ税効果会計の「繰延税金資産」には客観性が有るのでしょうか。例を挙げてみると、A社と言う会社が有るとします。そこではB事業とC事業と言う2つの事業を行っています。業績を見てみ...

≫続きを読む

 

税効果会計における損益計算書

法人では税金を納める際にその年度に発生した利益や費用を財務会計上、計上しなくてはなりません。しかし科目によっては税効果が発生する時期が異なる場合が有る為、その企業がどの様に活動していたのか正しく表す事が出来ないケースが出てくる事になります。例えを申しますと昨年度と今年度の利益や費用が金額的に実態は同...

≫続きを読む

 

税効果会計の仕分けをかんがえる

税効果会計ではどういう仕分けをして、どういう計算を行っているのでしょうか。税効果会計では、繰延税金資産や繰延税金負債の回収の可能性を検討しながら税効果計算をおこないます。その後計算した結果を計上する為に、仕分けを行なう様になります。だが、税効果会計では一時差異を「資産」「負債」のどっちに計上したらい...

≫続きを読む

 

税効果会計は何故必要か

今、税効果会計と言う会計処理が重要性を帯びていますが、何故今、税効果会計が必要なのでしょうか。一説によると企業が会計上で算出する利益計算の目的と、税法上の会計でおこなわれる課税所得計算の目的に違いがあると言う事が、税効果会計が必要だと言う理由になっているからだと言う事が挙げられています。では、2つの...

≫続きを読む

 

税効果会計の配分方式

税効果会計処理では配分方式と言う方式が有ります。配分方式には2つ種類が有って、税効果会計の対象になるかもしれない期間差異や一時差異が有るとします。その内、税効果会計の対象に実際になる部分にかんして、「部分配分方式」と「全部配分方式」の2種類に分けられる事になります。先ず「部分配分方式」についてですが...

≫続きを読む

 

税効果会計と中小企業についてかんがえる

税効果会計は1999年4月1日に新たに導入された、新会計基準の会計処理システムです。この新会計基準を使用して決算をおこなわなければならない企業と言うのは、商法上における大会社になります。大会社の基準としては資本金が500百万円以上である事、でなければ負債が20,000百万円である事が基準となっていま...

≫続きを読む

 

税効果会計の適用税率について

税効果会計では適用税率と税率が用いられています。税効果会計では、将来減算一時差異でなければ将来加算一時差異が発生した時に税効果額として認識されるものが有り、其れを繰延税金資産や繰延税金負債と言う様に呼んでいます。其れらを認識する時に使われている税率の事を適用税率と呼んでいるのですが、税効果会計で反映...

≫続きを読む

 

繰延税金資産が回収出来るかどうかの判断基準

税効果会計で計上される繰延税金資産を回収する為には、あるある程度の判断基準が有ります。主な基準となる物は、企業の過去の業績、今後の業績の予測になります。これらの基準によってどれだけの回収が出来るのかを予測します。以下に税効果会計での判断基準として事例を挙げて説明します。先ずは今期計上された将来減算一...

≫続きを読む

 

税効果会計のスケジューリング

税効果会計でのスケジューリングについて説明してみたいとおもいます。そもそもスケジューリングと言うのは、ビジネスを例に挙げて言うと、ビジネスをどういう手順で進めるべきなのか効率性をかんがえた上で計画を立てていく事を指しています。税効果会計でのスケジューリングにかんしては、繰延税金資産が不確定な場合、回...

≫続きを読む

 

会計基準変更の1つである税効果会計

今までに有った会計基準が変更になる事により、税効果会計を導入すると言う内容が盛り込まれる事になりました。税効果会計と言う言葉自体聴き慣れないとおもいますが、そのほかに会計基準で変更となった、連結財務諸表を作成すると言う事等については、元々制度自体を導入していなかった企業等には影響が無いのに対し、税効...

≫続きを読む

 

中小企業での調整項目

中小企業では、税効果会計を導入している所は少ないとおもいます。しかし導入を検討している所は多いのではないでしょうか。中小企業においては、会計と言うと課税計算をする事から始ります。通常は減価償却や貸倒引当金と言った計上にかんしても、税法上で計上される金額を基にして会計上の金額にしていると言う事にしてい...

≫続きを読む

 

どんな会社が税効果会計を適用するべきなのか

税効果会計を適用すべき会社についてですが、中小企業に対しては税効果会計を適用するのは強制的では有りません。しかし色んな資料を見てみると、中小企業でも適用した方が良いと言う様に書かれてあります。やった方が良いと言われるとやってみるべきなのかなとおもいますが、強制じゃないのであれば別に無理してあげる必要...

≫続きを読む

 

新基準のたいせつなポイントについて

税効果会計は会計処理の新基準として導入された会計処理になります。その新基準のポイントですが、一時差異を算出した時に、その金額に重要性が無いと判断された場合を除き、必ず繰延税金資産や繰延税金負債を計上しなくてはだめです。だが、繰延税金資産にかんしては、回収の可能性がある部分の金額を計上する事が必要とさ...

≫続きを読む

 

税効果会計と連結決算

税効果会計と連結決算と言うかんがえ方が有りますが、このかんがえ方が各企業に与える影響とは一体どういうものでしょうか。とくに知らなくても良いかもしれませんが、知っていると雑学的に楽しいとおもいますので、会計知識の1つとしてごお知らせしてみたいとおもいます。初歩的なかんがえ方としては、連結と言うと自分の...

≫続きを読む

 

今日のニュース 4月26日 21:28



旬な最新情報を鮮度の落ちないうちにあなたへWeb-Go