「5,000円基準」のこつ

「5,000円基準」のこつ

「交際費の5,000円基準」を上手に生かすして、税金対策をするためのこつを紹介します。

 

5,000円基準を生かすする事で、交際費を全額費用として扱う事が出来ます。1人当たりの飲食費を5,000円以下にして、税金対策に活かす為には、注意すべきこつが幾つかあります。次の事を確認しましょう。

 

1、社内の交際費は除く・・・社内の者の飲食費は除外されます。仮に、接待する相手の得意先の人が1人であったとしても、その飲食に自社から多数の従業員が参加しなくてはならない場合であれば、社内交際費として処理されません。

 

2、経理処理によって消費税は異なる・・・1人当たりの価値が5,000円以下になるかの基準は、会社が採用しているのが「税込経理方式」か「税抜経理方式」かによって異なります。「税込経理方式」の場合は、税込みで5,000円が基準となるので、税金対策をかんがえると、「税抜経理方式」の方が有利でしょう。

 

3、飲食費にリミテッド・・・「5,000円基準」と言うのは、交際費のなかでも“飲食費”にリミテッドされています。飲食費とされる費用にいは、サービス料やテーブルチャージ料、食後に飲食店から持ち帰るお土産代といった費用があります。飲食費として認められない費用と言うと、贈答品として得意先へ渡すお土産代や送迎費用等があります。

 

交際費の5,000円基準についてよく理解し、上手に使用する事によって、税金対策につながります。又、無駄な税金を支払う事がないように、しっかりと税金についての知識を身に付けておく事が大切です。


今日のニュース 4月26日 21:28



旬な最新情報を鮮度の落ちないうちにあなたへWeb-Go

「5,000円基準」のこつ関連エントリー

「税金対策」とは?
税金対策に、家庭で、でなければ個人で取り組みたいとかんがえている方は、まず住民税について見直してみましょう。
税金対策に取り組む前に
余分な税金を支払わないように、税金対策に興味のある人も多いでしょう。でもその前に、はじめは「税金」について、しっかりと理解を深める事が大切です。
「税金」の使命
税金対策を行なう前に、しっかりと「税金」の事について知っておく必要があります。其れでは、税金の使命について説明します。
税金対策の方式
税金対策を行なう方式は、大きく2種類に分けられます。1つは、支払う税金を少なく出来る税金対策で、もう1つが、税金の支払いを遅くする税金対策の2つです。
「税務調査」について
国民は納税義務があり、税務当局は「質問検査権」の行使をして、「税務調査」をおこないます。
税務調査の「任意調査」について
税金対策を行っていると、税務調査が心配になる方も多いようです。税金対策の為にも、税務調査はどのような方式で実施されるか理解しておきましょう。
住民税の税金対策
住民税を、少しでも減らす方式をかんがえてみましょう。ここで焦点を当てるのは、住民税の「配偶者控除」と「扶養控除」についての税金対策です。
パートの税金対策
パートの税金対策の基本は、パートを行っている本人の収入税と、配偶者として配偶者控除についてかんがえる事です。
自動車の税金対策
自動車の税金対策について紹介します。今後自動車を購入する予定の人や、出来るだけ自動車税を安くしたい人は、是非とも参考にして下さい。
相続税と贈与税で税金対策
相続税と贈与税の税金対策のこつや、結婚や離婚の時期について紹介します。
売上の税金対策
売上、仕入、在庫といった、実業の基本から、税金対策する事が大切です。
「売上割戻し」の生かす
「売上割戻し」による税金対策を紹介します。
在庫で税金対策(1)
「在庫」と言うのは、仕入れた商品や製造した商品等のなかで、期末まで売れ残ったものです。
在庫で税金対策(2)
棚卸資産を購入した場合、その取得価値は「購入代金+購入諸費用+付随費用」となります。
交際費で税金対策
交際費による税金対策について紹介します。
「交際費の5,000円基準」について
平成18年度の税制改正で、1人当たりの飲食費が5,000円以下の場合は、ある程度の条件のもと、全額費用となり、交際費にしなくても良い事になりました。