国民健康保険の仕組み

うつ病克服無料メール通信講座毎日が不安でお悩みのあなたに朗報>>
恐怖症克服無料メール通信講座今すぐ自信と笑顔を取り戻したいあなたに朗報!>>

国民健康保険とは

日本では国民皆保険と言われるように、必ず公的な医療保険制度に加入していなければなりません。
医療保険制度は、病気やケガ・出産等に対して給付を行なう事で人々の生活の安定を図っています。
この医療保険制度の1つが国民健康保険です。

 

国民健康保険というのは、職場等の健康保険や船員保険、公務員等が加入する共済組合等に加入していない人が住民登録をしている市区町村で加入を義務付けられている医療保険です。
一般に自営業者や会社を退職した人とか、およびその扶養家族が加入する医療保険制度であり、強制加入です。
但し、生活保護対象世帯の人は対象では御座いません。
75歳以上、若しくは65歳〜74歳のある程度の障害のある人は、国民健康保険ではなく後期高齢者医療制度(長寿医療制度)の加入となります。
国民健康保険は国保とも呼ばれています。

 

国民健康保険には病気やケガをした時の給付があり、加入者は医療費の一部負担で診察等を受けられます。
義務教育就学前(6歳になった今後のはじめの3月31日まで)は自己負担割合は2割、就学児〜69歳は3割となります。
70歳以上74歳の人の自己負担割合は2割(平成20年度・21年度は1割に据え置き)ですが、現役並み所得者の自己負担は3割です。
この負担割合は、市区町村によって異なる場合があります。
例えを申しますと、兵庫県神戸市の場合、0〜12歳児(小学校卒業まで)に対して乳幼児等医療費助成があり、0歳児は自己負担が御座いません。
病気やケガをした時の給付以外にも、出産した時の給付である出産育児一時金や死亡した際の葬祭費の給付があります。
住んでいる地域の給付内容を理解して、活用する事が重要です。
関連ニュース

 


最近のTopics
2016/06/27 22:27 の最新ニュース
参院選 安保法巡り与野党応酬
池の切断遺体 80代女性と判明
司法書士 業務狭める初判断

今日のオススメ無料メール通信講座:
恋愛必勝男性編無料メール通信講座大好きな彼女を絶対ゲットしたいあなたに朗報!>>