被害に遭わないために

国民生活センターの情報をチェックしよう

国民生活センターのHPを見ていると、最近の消費者トラブルの動向や製品テストの結果等を知る事ができ勉強になります。
何かトラブルに遭ったときだけでなく、普段からチェックする習慣をつけると安全・安心な生活に役に立つとおもいます。

 

2009年4月には新手の振込み詐欺の事例が報告されていました。
昔行なったリフォーム工事の保証業者を名乗る電話が入り、保証金を返金するためインターネットバンキングに申し込ませると言うものでした。

送られて来た申込書には前もって暗証番号等が記入されており、その口座が新設したら逆に預金を引き出そうと言う手口だったので御座います。
このケースでは銀行から「この申し込みは送金専用となります」と連絡を頂きました事で被害を未然に防ぐ事ができましたが、振り込め詐欺の手口も大変手の混んだものになってきていると感じました。

とくに今は振り込め詐欺対策が強化されていますから、ATMから振り込ませる以外の手段で攻めてきたので御座いますね。
こうも次から次へと確かによく新しい手口が出てくるものです。

 

しかしこうして新手の犯罪手口を知っておく事で、自分に其れがふりかかって来た時に気付きやすいとおもうのです。
やはりこのような情報は多くの人と共有すべきですよね。

また国民生活センターの事例報告には、被害に遭わないためのアドバイスや助言も載せられています。
トラブル回避の為に気をつけておきたい事柄を、日常から家族で話し合うとよいですよね。

 

消費者トラブルは子どもから高齢者まで、何方でも巻き込まれる可能性があります。
その可能性を最小限に抑えるために、最新情報をこまめにチェックし、皆で共有しておきましょう。

関連ニュース