高齢出産の知識

産後ダイエット無料メール通信講座短期間で出産前の細いスタイルに戻りたいあなたに朗報!>>
小顔美人無料メール通信講座小顔美人になりたいあなたに朗報!>>

高齢出産とは

高齢出産(こうれいしゅっさん)とは、統計上35歳以上で子どもを産むことをいいます。「高齢」という意味は一般に使われる「高齢者」とは必ずしも一致しないことに留意する必要があり、第1子が高齢出産の場合、高齢初出産と呼び、母体が危険なだけではなく、流産する危険性、超未熟児が生まれる危険性、ダウン症児が生まれる危険性が急激に上昇します。

 

第1子でなくとも、同様の危険性は40歳以上の出産では急激に増すがこれは出生前診断で極初期に診断することは可能です。
厚労省統計情報部は2005年に40歳以上で出産した女性は2万348人で、1958年以降47年ぶりに2万人を超えたことを発表しました。それによれば35歳以上の出産は全体の16%に上り、うち第1子出産が3人に1人という状況でした。

 

40歳を過ぎて出産する女性が増加しているように、現在は年齢が高い妊婦であっても安全に出産できる環境が整っているため、むやみやたらに心配する必要はなく、若いうちの妊娠や出産と比較すると母体が年齢を重ねている分、相対的にリスクが高まるという程度にしか過ぎないようです。

 

どんな出産でもそれ相応のリスクは伴います。
高齢出産はほんの少しそのリスクが高まるだけですから、正しい知識を身につけ、高齢出産といわれる年齢だからと諦めずに、母子共に健康的な出産が出来るよう準備したいものです。

 


今日のトピックス
2016/09/26 14:27 の最新ニュース
地震情報
北海道で震度4 津波心配なし
年金受給資格期間 10年に短縮

今日のオススメ無料メール講座:
面接テクニック学生編無料メール通信講座第一希望の会社の内定を絶対にゲットしたいあなたに朗報!>>