マンション管理士

マンション管理士とは

マンションがはじめ我が国で建設されたのは昭和31年です。
其れ以後、数多くのマンションが建設され続けています。

其れに伴ってマンションでの住民同士のトラブルや契約、老朽化等の問題も多く発生しています。

 

このようなトラブルや管理・補修・建て替え問題に対処してマンションでの暮らしを良好にするのがマンション管理士です。
最適なアドバイスをおこなえるマンション管理のプロであり国家資格です。

マンションの管理組合や住民に対して相談を受けたり、助言や指導をおこないます。
マンション管理士は管理人ではなく、マンションの諸問題に対処する総合コンサルタントです。

 

平成13年にこのマンション管理士の資格が誕生し、この年第1回の資格試験が行なわれました。
以後、マンション管理士の試験は年1回行なわれています。

この試験に合格し、財団法人マンション管理センターに登録する事でマンション管理士となる事が出来ます。
平成21年4月1日今、マンション管理士は16,780名です。

 

マンションの老朽化や入居者の高齢化を受け、ますます助言やバックアップが必要とされています。
マンションの管理組合の役員は大抵1年交代ですので、専門知識を持っていない人が大半です。

平成20年末現在でマンションの住民は約1,400万人、国民の10人の1人の割合です。
戸数は約545万戸です。

このような時代の流れを受け、マンション管理士の活躍の場がますます広がっていくものとかんがえられています。
関連ニュース

ゴルフ用品通販

 

 

 


今日のニュース 6月25日 12:23
英EU離脱 アベノミクスに暗雲
米 英EU離脱で失った「窓口」