ねずみの駆除

ねずみの駆除とは

家でねずみを見かけた事はありませんか、ねずみは主に屋根裏等に住みつきます。
一度見かけたのであれば、恐らく屋根裏には数匹のねずみがいるでしょう。

このサイトではねずみの生体や駆除方法についてお伝えしています。

 

ネズミ(鼠)とは、ネズミ目(齧歯目)ネズミ上科に属する哺乳動物の総称で、ハツカネズミ、ドブネズミなど、1,000種以上が含まれる一大グループを形成しています。
ネズミのほとんどが夜行性で、よく人間が寝ている間に人間の食料などを食べたりするので、寝盗み(寝ている間にこっそりと人間の食料を盗む)が転じて、ネズミという名がついたといわれています。

 

また、ネズミは齧歯類に特徴的な、一生延び続ける門歯をもつため、常に何か硬いものをかじって前歯をすり減らす必要性があり、もし、硬いものをかじらないまま放置しておくと、前歯が口をふさぐような形になり、食べ物が口に入らなくなってしまい、餓死してしまうそうです。

 

ねずみの害として一番にかんがえられる事は、食中毒等の要因となる細菌をばらまいてしまうと言う事です。
ねずみの尿や糞と言った排泄物にはサルモネラ菌等がいる事が多いのです。

其れらが食べ物に交じると大変な事になってしまいます。
またねずみにはイエダニが寄生している場合があり、ダニが布団や畳に侵入すれば当たり前ですが体がかゆくてたまらないと言う結果になってしまいます。

 

このように衛生上の害は沢山あります。
ねずみの駆除をかんがえる時には、ねずみの害と言う事についてもかんがえておく必要があります。

関連ニュース

 

 

 


今日のニュース 9月25日 10:23
福島 ダム底に高濃度セシウム
同僚殺害 現金引き出し強要か

旬な最新情報を鮮度の落ちないうちにあなたへWeb-Go