初心者用オプション取引

オプション取引とは

「オプション取引」と言う言葉を聞いた事はあるでしょうか。
普段株等を行っていない人はあまりききなれない言葉かもしれませんね。

 

凄く簡単にオプション取引を説明すると権利の売買取引を言います。
オプションとは権利の事を指します。
もうすこし噛み砕いて説明すると原資産と呼ばれるものを定めた期間においてある価格で売買をする事を言います。
権利を売買すると言う事自体印象が沸きにくい事かもしれませんね。

 

オプションと呼ばれている権利には二つの種類があるようです。
その種類とはまずコールといい、これは買う権利の事をそう呼びます。
もう一つ売るほうの権利をブットと呼びます。
この二つの権利によってオプション取引が行なわれているのです。
このやり取りの対象となるものは何でもよろしいわけではなく、原資産においてやりとりが行なわれますが、原資産の対象となっているのが主に株式ですとか株価指数があります。

 

ほかには国債も原資産の対象になっています。
原資産と聴くとモノのやりとりのようにきこえますが、そうでは御座いません。
其れから売買をすると言う事は当たり前ですがの事ながらお金のやり取りが発生するわけですが、売買時の代金についてはなんと呼ばれているか御存じでしょうか。
ここで取引されるためのお金を「プレミアム」と呼ぶみたいですよ。
ここまで簡単に説明しただけでも全くオプション取引について知らない人にとっては単語自体はききなれた英国語であってもここで使用される意味をかんがえるとわからなくなってしまいますね。
今後すこしずつ説明したいとおもいます。
関連ニュース
ゴルフ用品通販