レンタルドレスの基礎知識

レンタルドレスとは?

結婚式やパーティ等でドレスが必要となった時、どうやってドレスを入手しようか悩んでしまう人は多いでしょう。

 

入手方法を大きく分けると、購入する方法とレンタルする方法とに分ける事が出来ます。
購入する方法は「セル」とも呼ばれていますが、セルのなかでもオーダーメイドとセミオーダー、既成のドレスを購入する他に、中古品を購入する方法等にも分ける事が出来ます。

 

セルドレスを選べば自分だけのドレスとしておもい出とともにたいせつに保管しておく事が出来ますね。ですが、保管場所や費用の面で負担が大きく、日本では「レンタル」ドレスを選択する人が殆どです。

 

ウェディングドレスをレンタルする場合、式場のなかに併設してあるレンタルコーナーを使用してドレスを選択するのが主流ですが、式場以外で自分の好きなレンタルショップを探し、ドレスをレンタルして式場に持ち込むといった方法もあります。
後者の場合は式場から「持ち込み料」の負担を求められる場合が殆どですが、最近ではレンタルショップ側が代わりに持ち込み料を負担してくれるところもあり、事前に確認しておくと良いですよね。

 

レンタルドレスの大きな良い点といえば低価格でドレスを着る事が出来ると言う点でしょう。一般的には5万円〜10万円程度となっています。お値打ちなものだと1万円程度で使用出来るものもありますよ。
ドレスだけではなく、ベールやグローブ等の小物類もセットになってレンタルされているものも多く、トータルした料金で比較検討してみると良いでしょう。

関連ニュース
ハーブティー専門店 尾城

 

 

 


今日のニュース 9月29日 11:26
東京五輪の費用 最大3兆円超
患者中毒死 4階で48人が死亡

旬な最新情報を鮮度の落ちないうちにあなたへWeb-Go