私学共済

共済とは

よくJA共済や県民共済、或いはCOOP共済等と言う言葉を耳にするチャンスがあるかとおもいます。
最近では私学共済等もよく耳にしますね。

とくに、ある程度年齢を重ねていく中で、こういった共済については聞いたり見たりする事になります。
しかし、若年層の人達のなかには、共済と言う存在自体よくわからないと言う人も多くいるのではないでしょうか。

実際、説明や説明を見ききするチャンスもあまりないので、仕方のない事かとおもいます。

 

共済と言うのは、辞書的な意味で言えば「共同し、助け合う事」となっています。
しかし、私学共済等と言う使われ方をしている「共済」の場合は、その意味を含有しつつ、もう一歩踏み込んだ解釈がなされます。

その中身は、法律的な根拠を有した制度共済、地方自治体、労働組合内、企業内の共済、学校内、地縁団体内、或いは1,000人以下を相手方とする生命保険や損害保険に類似した保障・補償事業を指します。
すなわち、対象を限定した保険のようなものです。

 

多くの場合、共済は生命保険や損害保険と同じ意味合いのものを指します。
保険と同じとかんがえて差し支え御座いません。

よく、JA共済等は年金保険等の欄に、郵便局や民間企業の保険会社と並んで掲示されています。
実際、そういった保険と同じ商品が扱われているので、郵便局の簡保や民間会社の各種保険と同じ系列のものであると言うみなされ方をしています。

 

これまでは商法第2編第10章保険における規定を受けていなかったので御座いますが、2010年の保険法適用を受ける予定です。
関連ニュース

資格の広場オンライン

 

 

 


今日のニュース 7月30日 18:21
復興予算 34%の1.9兆円未執行
相模原 両手に刃物持ち襲撃か

最新のネットビジネスランキングサイトWeb-Go