しみの正体とケア方法

しみの正体

ある日突然発見してしまったしみ。ショックですよね。まさか自分には・・とおもいつつ、しみケアの甘さをいまさらながら感じてしまうわけです。
日差し、すなわち紫外線は浴びれば確実にしみになります。

 

ところでひとくちにしみと言うが、しかし一体どんな種類があるのでしょう。
布地のしみにたとえて言うならば、洋服のしみやテーブルクロスのしみは、均一な色地のなかで“浮いた状態”になっているものをさします。

なので、目に付くし気になります。肌にできるしみも基本的には同じ事なのです。
紫外線の刺激を受けて、皮膚のメラノサイトと言うところで作られたメラニンが、肌の細胞のなかにどんどん送り込まれていきます。

ですが通常は肌の新陳代謝によって終わりは垢としてはがれ落ちてゆくのですが、このメラニンが作られる量と、垢として体外に押し出されるスピードとのバランスが崩れると、メラニンが皮膚に残されてしまい蓄積し、しみの要因となるのです。

 

しみと表現しているものには、様々あります。
たとえば、最近良く耳にする、「肝斑(かんぱん)」。

多くの女性が気にするいわゆるしみと言うのは、医学的には肝班(かんぱん)と呼びます。
年齢を重ねて出てくるしみの多くがこのタイプで、肝班は頬骨や目の周りに左右対称にできるのが特徴です。

要因は紫外線等の外的刺激だけではなく、女性ホルモンも影響すると言われています。
体内でメラノサイトを刺激する分ぴ物によく似た、女性ホルモンを出すと言う指令を与える分ぴ物が働くためだといわれています。

ストレスを感じるとしみができやすいのも、この女性ホルモンを出す分ぴ液の影響によるのとおもいます。

 

また顔全体に広がる「そばかす」は遺伝的な要素が大きく、時間がたっても薄くなったり、しみケアをしても目立たなくなったりするのは難しいといわれています。
ですけど、消えないからといって諦めて美白ケアをしないでいると、そばかすもぼんやり広がったようになって結果、しみになる事も多いのです。

元々そばかすのある人は、皮膚の薄い人や色白の人が多く、メラニンの影響を受けやすいので、より慎重にケアする事が大事です。

 

外的要因で言えば「炎症性色素沈着」と言うのもあります。
靴ずれの跡やストラップの金具の跡等が、傷の治ったあとも茶色く変色して戻らなくなる事はありませんか?

かすり傷の跡が、いつまでもそのままになっていて、もとに戻らなかった等。
肌に炎症が起こると、メラノサイトのはたらきは活発になり、メラニンが大量に作られて、しかし代謝が悪く押し出しきる事もできなくなって、結果色素沈着を起こします。

これも優秀なしみなのです。自己回復力の低下がしみを作ってしまう事もあります。

 

色素沈着と言うと、アイメイク等の化粧の色素が肌に染み込む事だと思っているかもしれませんが、しみは肌の内側からできるもので、化粧品そのものの影響と言うよりは、ブラシや粒子が肌を刺激する事によって肌の内側でメラニンが作られ、シミを創る結果を残すのです。

 

しみの予備軍は、しみを創りやすい肌状態の表れと言う事が言えます。
だからといって発見したしみにネガティブになるのは全くの悪循環。

しみ予備軍の存在を知った事で、生活を振り返ったり、その後の対策の契機にしたりしましょう。
関連ニュース

ハーブティー専門店 尾城

 

 

 


今日のニュース 12月3日 22:28
病院に車突っ込む 3人が死亡
病院に車突入 手前で急加速か

旬な最新情報を鮮度の落ちないうちにあなたへWeb-Go