七五三

七五三とは

「七五三」と言うのは、古くから伝わる風習で子供の成長を年齢ごとに祝うものです。
その昔、三歳の男女には「髪置」をおこない、この日から髪の毛を剃らないで残す日としたんです。

五歳の男児には「袴着」をおこない、この日から袴をまとうようになりました。
七歳の女児には「紐落」をおこない、其れまでは着物を紐で着ていましたが、この日から帯で締めて大人の装いをするようになりました。

このようにして、子供の成長に合わせて身だしなみを整えていきました。

 

七五三の習慣として江戸時代あたりから、神社へ参拝するようになりました。
収穫の感謝と子供の成長の感謝を兼ねて参拝したので御座います。

現代のように晴れ着を子供に着せて千歳飴等を買って持たせると言う風習は明治時代頃から始まりました。

 

現在では三歳と七歳のお祝いだけをおこなう地域、七歳のお祝いだけをおこなう地域、三歳と五歳のお祝いは家で簡単におこなう等地域によって違いがあります。
また西我が国等では三歳のお祝いを実際は四歳でおこなうと言うように、数え年で祝う場合と満年齢で祝う場合があります。

しかし本来は数え年でやるのが正しいです。

 

一般的には、七五三の参拝は11月15日に神社等を詣でるケースが多いようです。
男児は三歳と五歳、女児は三歳と七歳に成長を祝います。

地方によっては男の子の三歳はおこないません。
旧暦の15日は鬼宿日といって、鬼が出歩かない日で何をするにもいい日とされていました。

現在では15日にこだわらず11月の土日、祝日におこなうケースが増えています。
北海道等の寒冷地では1ヶ月速めて10月15日におこなうところもあります。

関連ニュース
ヘアケアさがしならココ

 

 

 


今日のニュース 7月27日 10:20
相模原 生かされなかった予兆
相模原殺傷 夢破れ突然の変貌

ネットビジネスWeb-Go