高画質で高音質な地デジ放送とは

地上デジタルテレビ放送の必要性

地上デジタルテレビ放送は、イギリスで1998年に開始されたのが最初でした。現在では、アメリカ、イタリア、ドイツなどの欧米諸国や、中国や韓国、ベトナムなどのアジア諸国など、20を超える国と地域で始まっており、世界中で拡がっています。

 

現代の生活において、テレビがデジタル化することによって、これまでにはなかったさまざまな便利なサービスを実現することができます。地上デジタル放送は、高画質で高音質の番組が見られるデジタルハイビジョンに加えて、障害をもつ方や高齢者に向けたサービス、双方向のサービス、地域の情報など暮らしに役に立つサービスなどが提供されます。また、携帯電話や移動体通信のための「ワンセグサービス」も始まっています。

 

放送や通信などに使うことのできる電波は無制限にあるわけではなく、周波数がある一定に制限されています。日本は、現在では使える周波数に十分な余裕はなく、過密な状態で使われています。地デジ放送では、チャンネルを大幅に減少させることができるので、余裕のできた周波数を、別の用途へと利用できるようになります。

 

また、地上デジタル対応のテレビをインターネットに接続すると、さらに幅広い情報を得ることが可能になります。テレビのデジタル化によって、情報通信テクノロジーの恩恵を、誰もが与えられる社会を実現することは、国が掲げる未来への重要な計画であり、できるだけ早く進めなければならない施策なのです。
関連ニュース
印鑑・実印・はんこの尾城堂

 

 

 


今日のニュース 8月29日 04:30
台風10号 勢力強めながら北上
台風 接近前から大雨の見込み

旬な最新情報を鮮度の落ちないうちにあなたへWeb-Go