特定保健用食品の動向

特定保健用食品とは

最近、食の安全に対しての意識は凄く高まってきています。
日本ではとくにその意識が強く、諸外国からはしばしば『過剰だ』とも言われますが、実際に安全面を確保する為には、これくらいの意識でもまだ足りないくらいとかんがえて良いかとおもいます。

実際、技術の不足等で安全な食事と言うものが当たり前ではなかった時代とは違い、今は其れが当たり前と言う認識がまかり通っている中で、人為的なミス、そうでなければ故意の偽造等によって安全が揺らいでいる状況です。
当然、モラルの見地からも高い意識が求められてしかるべきなのです。

 

このような中、日本では1991年に『特定保健用食品』、通称『トクホ』と言う食品の認定を始めました。
この特定保健用食品と言うのは、実験データに基づき、監査を受け、其れが健康によく、体調の悪化や健康障害の要因には絶対にならないと厚生労働省から認定され、ある症状に対して『〜が気になる方に』等と言う表示を許可された食品の事を指します。

例えを申しますと、ダイエットをしたい人に対して『肉付きが気になる方に』と言う表示で販促をおこなう表記を許可されている食品等が、この特定保健用食品に該当するのです。

 

この特定保健用食品の定義を簡単にいうと、「この食品を食べると、この効果が期待出来ますよ」と言うアナウンスをしてもOKですよ、と国から許可されている食品と言う事ですよね。
消費者にとって、過剰な宣伝や誇大広告で効果のない健康食品を買わされると言うのは、腹立たしい事です。

其れを阻止するのが、この制度の目的と言えるでしょう。
関連ニュース

ハーブティー専門店 尾城

 

 

 


今日のニュース 6月26日 23:29
参院選公約 TPP賛否真っ二つ
九州 27日夜から大雨おそれ

旬な最新情報を鮮度の落ちないうちにあなたへWeb-Go