フォルクスワーゲン

恋愛必勝男性編無料メール通信講座大好きな彼女を絶対ゲットしたいあなたに朗報!>>
恋愛必勝女性編無料メール通信講座大好きな彼を絶対ゲットしたいあなたに朗報!>>

フォルクスワーゲン ビートルの誕生

皆さんは外車と聴くとどんなイメージが浮かびますか?
ベンツやBMWをおもい浮かべ、高級で近寄りがたいイメージを持っている人もいる事でしょう。
そのような輸入車のなかでも私たちにとって身近な存在なのが、フォルクスワーゲンです。

 

フォルクスワーゲンはドイツの自動車製造元で、ビートルやゴルフといった車がとくに有名です。
ビートルは「カブト虫」の愛称で親しまれ、日本はもちろんの事、世界中で愛されている名車です。
ここでは、爆発的なヒットを見せたビートルがどのように誕生したのかをお話したいとおもいます。

 

ビートルの生みの親、フェルディナント・ポルシェ氏は1933年、当時実権を握っていたヒトラーから国民車構想を聴かされます。
国民車構想というのは、当時まだ高嶺の花だった自動車を国民に所有させようと言うもので、破天荒とも言うべきものでした。
しかし大衆車を創る事がライフワークであったポルシェ氏にとって、ヒトラーの国民車構想はまさしくわが意を得た話であったので御座います。
そこでポルシェ氏は自分の構想をヒトラーに送り、国民車の開発に着手、革新的な小型車であるビートルが誕生したので御座います。
開発途中には第二次世界大戦の勃発があり、国民車であるはずの車が軍事車両に化けて国民の手に渡らなくなる等の問題もありました。
しかし終戦後、瓦礫の山となった工場を英国軍の手助けによって再稼動し、不死鳥のごとくよみがえったのがビートルの基本モデルとなるものだったので御座います。
関連ニュース
漢方のプラスビューティ

 


今日のトピックス
2016/08/29 07:28 の最新ニュース
台風 関東-北日本に上陸も
西日本 非常に激しい雨の恐れ
16歳殺害 全員が暴行を認める

今日のオススメ無料メール通信講座:
ゴルフショートゲーム理論無料メール通信講座憧れのシングルプレーヤーにあなたはなれる!>>